学校選びのポイント




  • 03-6661-8077 お電話でのご相談 受付時間12:00~21:00
  • お問い合わせ
  • 学校案内
  • ソフィアの強み
  • よくある質問
  • 先生紹介
  • 卒業生・在校生の声
  • 整体ボディケア科
  • リクレクソロジー科
  • リンパマッサージ科
  • タイ式マッサージ科
  • 学校選びのポイント
  • アクセス情報
  • トップページ
  • 整体師情報topics

本校
〒170-0003
東京都豊島区駒込3-2-7-6F
TEL:03-6661-8077
E-mail:info@seitai-gakko.info
池袋駅から3駅

朝霞校
≫朝霞校「Angelaアンジェラ」
〒351-0006
埼玉県朝霞市仲町1-1-30
サンロード朝霞5D号室
(東武東上線朝霞駅)

銀座校(女性限定)
≫銀座校「Nalyナリー」
東京都中央区銀座4丁目
「Naly」(東銀座駅)


セラピストの資格について

“整体師資格

疲れや痛みに悩んでいる人を癒し、サポートする仕事には、医師、看護師、整体師などがありますがセラピストという職業もその一つです。
そこで、セラピストとはどういう仕事なのか、資格は必要なのか、整体師とはどう違うのかをご紹介しましょう。


セラピストとは?整体師との違いは?

セラピストとは広義にはセラピー(療法)をおこなう人のことを指します。
例えばアロマに関するセラピーをおこなう人ならアロマセラピスト、カラーでセラピーをおこなうならカラーセラピストと呼びます。
整体の場合は、「整体+セラピー=セラピスト」になり、整体の施術だけではなく、心のケアも意識してアプローチしていくことになります。

現代社会では、さまざまなストレスを感じている人も多く、無意識のうちに筋緊張を起こしていることもよくあります。
体だけを改善しても根本的な解決にはならないため、「整体+セラピー」により、患者さんのメンタル面を考慮しながらケアしていく必要がでてきます。
だから、整体師の資格だけでなく心と体のバランスを正すお手伝いができるセラピストについて学び、その資格を取得することは、整体師として活躍していく上で強みにもなります。


セラピスト資格は整体師に必要?

整体師とセラピスト、実はどちらも資格は必須ではありません。
そのため、整体師でもセラピストでも肩書きは自由です。

しかし、患者さんからの信頼を得るためには整体の基礎と心のケアの基礎を学び、誠意をもって向き合うのが整体師として長く活躍するコツです。
整体師学校なら、人間の体の構造と心のケアの基礎から学ぶことができるので、整体と心のセラピーによって、西洋医学では対応しきれない症状に悩む患者さんのサポートができます。


セラピストの資格を取得するには

セラピストの資格を取得するには、セラピストスクールに通い、卒業と同時にセラピストの資格を取得する方法、特定の団体がおこなう試験を受けて資格を取得する方法などがあります。
いずれにしても整体師の資格が基礎となるので、セラピストになりたい場合も整体師学校で勉強し、整体師の資格をとってからセラピストの資格を取るのがおすすめです。

  • お問い合わせフォーム


Copyright (c) 2012 整体学校 sophiasaya. All Rights Reserved.