学校選びのポイント




  • 03-6661-8077 お電話でのご相談 受付時間12:00~21:00
  • お問い合わせ
  • 学校案内
  • ソフィアの強み
  • よくある質問
  • 先生紹介
  • 卒業生・在校生の声
  • 整体ボディケア科
  • リクレクソロジー科
  • リンパマッサージ科
  • タイ式マッサージ科
  • 学校選びのポイント
  • アクセス情報
  • トップページ
  • 整体師情報topics

本校
〒170-0003
東京都豊島区駒込3-2-7-6F
TEL:03-6661-8077
E-mail:info@seitai-gakko.info
池袋駅から3駅

朝霞校
≫朝霞校「Angelaアンジェラ」
〒351-0006
埼玉県朝霞市仲町1-1-30
サンロード朝霞5D号室
(東武東上線朝霞駅)

銀座校(女性限定)
≫銀座校「Nalyナリー」
東京都中央区銀座4丁目
「Naly」(東銀座駅)


整体スクールでマタニティの施術方法は学べるのか

“マタニティ整体 学校

整体学校で学ぶマタニティーの施術法。
整体学校で学べることは施術の基礎だけではありません。
マタニティーや産後の女性の体の不調への施術方法も希望すれば学べます。
但し、マタニティーの方に施術をする場合、整体学校で学べる一般的なスキルを基礎とし、さらに妊娠中の体の知識や骨盤の動きなど、よりレベルアップした知識が必要となります。

そこで、整体学校では、整体学校の基礎科で学んだ人向けに、講習会の開催という学びの場を設けています。
講習会では、妊娠中の女性や産後の女性の体に関する知識や技術を持っている整体学校の講師が指導していきます。
( できればマタニティを専門としている講師が望ましい)


マタニティー向け施術について

一般整体との違い。
整体学校では、筋肉をもみほぐし体の負担を軽減し、症状を改善する知識や技術を習得するというものが一般的です。
しかしマタニティー向けの施術は少し違いがあり、そういった違いについても整体学校では実践で学ぶことできます。

例えば整体学校で学ぶ一般整体は、痛みの出ている場所に圧をかけ、もみほぐします。
しかしマタニティーや産後の女性は、出産準備段階から徐々に骨盤が大きく開き、女性ホルモンのバランスが大きく変化していくという女性特有の原因があり、腰痛、肩こり、頭痛、腱鞘炎、イライラなどの不調を起こします。
したがって、整体学校で学ぶ基礎スキルに加えて、カイロプラクティック的要素と医学的知識についても整体学校で学ぶ必要があります。

また、整体学校ではこれら知識について、基礎コースでもある程度学ぶことができます。
しかし整体学校の基礎コースは、あくまでも一般的な基礎を身につけるものです。
整体学校の基礎コースで学ぶマタニティーへの知識だけでは十分とは言えません。
マタニティー向けに即実践できるような深い知識と技術を学ぶには、整体学校の基礎コースを修了し、マタニティ専門の講師から専門的に学ぶのがおすすめです。

  • お問い合わせフォーム


Copyright (c) 2012 整体学校 sophiasaya. All Rights Reserved.