学校選びのポイント




  • 03-6661-8077 お電話でのご相談 受付時間12:00~21:00
  • お問い合わせ
  • 学校案内
  • ソフィアの強み
  • よくある質問
  • 先生紹介
  • 卒業生・在校生の声
  • 整体ボディケア科
  • リクレクソロジー科
  • リンパマッサージ科
  • タイ式マッサージ科
  • 学校選びのポイント
  • アクセス情報
  • トップページ
  • 整体師情報topics

本校
〒170-0003
東京都豊島区駒込3-2-7-6F
TEL:03-6661-8077
E-mail:info@seitai-gakko.info
池袋駅から3駅

朝霞校
≫朝霞校「Angelaアンジェラ」
埼玉県朝霞市根岸台1-1
(東武東上線朝霞駅)

銀座校(女性限定)
≫銀座校「Nalyナリー」
東京都中央区銀座4丁目
「Naly」(東銀座駅)


看護師の知識を活かして整体師資格を取る

看護師の知識を活かして整体師資格を取る

看護師をされている方の中には、知識を活かして別の業種へ転職する方もいらっしゃいます。また整体師として活躍されている方も多くみられます。
看護師は病院で医師のサポートや患者の世話などを行うポジションであり、体の骨格や疲労回復の施術を行う整体師とはあまり縁がない印象を受けるかもしれません。

しかし、整体で学んだ知識を看護師の仕事に活かすことは可能です。
整体では体全般の知識を身に着けていなくてはなりません。
整体の技術を高めるためには、解剖学や生理学などの知識を学んでいく必要があるのです。
看護師は医療をサポートする立場であるため、人間の体についてより深く知識を持っていなくてはならないため、整体を学ぶことで看護師としての知識を深めることにもつながると言えます。

また、体の構造や神経との関連が分かると、自分の体を動かすことができない患者に対して体位変換を行ったり入浴介助を行ったりする場面もあるのですが、体の構造について知識を深めた状態で行った方が患者の負担もより軽減させられることができるでしょう。
もちろん、自分の体にも応用することができるので、自身の体の負担も軽減させることができます。 自身の体を労ることができるよう、整体の知識を身に着けても良いでしょう。


整体学校では何を学べる?

整体師には国家資格はないので、資格がなくても整体師と名乗ることはできます。
しかし、整体の施術も様々な種類があるので、整体学校でしっかり学ぶ必要があります。
学校や専攻する科によっても異なりますが、主に手技療法やカイロプラクティック、オステオパシーなどの技術を学ぶことが可能です。

また、整体学校では技術や知識以外にコミュニケーション知識やビジネスマナーなどの接客マナーに関するカリキュラムも用意されています。
他にも女性向けサービスなら美容に関する知識、開業なら経営や経理などオーナーとしての知識も学ぶことができます。

その他マッサージをするために必要な国家資格のあん摩マッサージ指圧師と同じくらい詳しく学べる整体学校もあります。
このように整体学校では、看護師の方が仕事に活かせる知識を学ぶことができます。



  • お問い合わせフォーム


Copyright (c) 2012 整体学校 sophiasaya. All Rights Reserved.